2016年 8月11-14日 「山の日」記念! 



どこにいても、”源流”の姿を思い浮かべることができる。
湿度、匂い、水の音、そして木々の緑や、石や土の色。
晴れていたときもあるし、土砂降りの雨もあった。
ヘトヘトになって辿りつく。
そして水が生まれる場所へ向かって、
「また今年も帰って来ました」
とひそかに心の中でつぶやく。
そんなワイルドで上質な、冒険の旅へ!
これ以上ないと思う水の美しさ、青さ、へお連れします!
知ってしまったら、もう後戻りできませんよ!笑
ガイド巣山太一

『吉野川源流』 と『仁淀川源流』にご案内します。

吉野川源流域と仁淀川源流域は、石鎚山国定公園にあります。
石鎚山国定公園内を、時間が許す限り、歩きまわります!

『吉野川源流』基本高水流量日本一の川
吉野川のはじまりは、瓶ケ森の中腹にあります。
森は、トチ、ブナ、カツラ、ミズナラなどから成り立っていて、まさに「原生林」と呼ぶのにふさわしい神々しさです。豊かな森の、いたるところから水が流れ出しています。

瓶ケ森の山頂は愛媛県、中腹にある源流点は高知県に位置します。瓶ケ森は、愛媛県に位置する石鎚山脈の山で、標高は1896メートル、吉野川の源流域にあたります。山頂からは、瀬戸内海、石鎚山、そして四国山地の山並みが見渡せます。頂上から少しくだると、見事な白骨林がそびえています。
10553564_10152313469917029_5890154858305321401_n.jpg

『仁淀川源流』水質日本一の清流
仁淀川は西日本最高峰の石鎚山系から始まります。
豊かな水は、面河川となって高知県の仁淀川町へ入り、仁淀川と名を変えます。源流から深いV字型峡谷を削って蛇行を続け、太平洋に開けた河口にいたるまで、124キロの旅です。

仁淀川には明確に定められた源流点はありません。たくさんの支流が流れ込み、 仁淀ブルー"と呼ばれる美しい青をもつ清流を育んでいます。今回は、仁淀川の最上流である面河川をさかのぼります。霊峰石鎚山から流れ落ちる滝まで、険しい道のりですが、その澄み切った水の青さを見にいきます!
13234854_975256109262589_37294437_o.jpg

【トレッキングコース内容】2016年 8月11〜14日

11745694_10153063925617029_8075508352808323305_n.jpg■Day1 吉野川源流周辺トレッキング (8/11)
コース: 笹ヶ峰ー寒風山ー伊予富士縦走
1日目から縦走です。足慣らしです。
山頂や峠から見下ろす瀬戸内海の景色は高度感があり、絶景です。
日没ぎりぎりまで、時間が許す限り歩きます。

■Day2 『吉野川源流』トレッキング (8/12)
コース: 白猪谷 吉野川源流登山道 
崩れ始めた登山道。立ちはだかる倒木、それを超えていく爽快感。
でも、もうダメな時は川へ飛び込んで進みます。濡れます。
今年は例年よりも更に奥へ行く予定。健脚向けコース

■Day3 『仁淀川源流』トレッキング (8/13)
コース: 七釜ー魚止ノ滝ー御来光の滝
道なき道を進みます、本当に道はありません。
渡渉を9回繰り返して・・・濡れます。
健脚向けコース。

■Day4  吉野川源流域トレッキング (8/14)
コース: 伊予富士ー東黒森ー西黒森ー瓶ケ森縦走 または 伊予富士ー西赤石山ー東赤石山縦走
くたくたになった身体に、さらに縦走します。
無理な場合は、仁淀川に浮かんでのんびりします。

吉野川源流2014 302.JPG■宿泊地:「木の香温泉」露天風呂付き
食事:大好きな秘境レストラン「一の谷やかた
郷土料理の軍鶏すき、手作り湯豆腐会席など。お楽しみに!
■集合解散 現地 or 徳島駅
■参加条件:トッレッキングシューズ必須。高校生以上。
■案内 ガイド巣山太一/ ナビゲーターたけおけいこ 詳細→About US
■代金 3泊4日 72,000円+税
(宿泊、全食事、入湯税、ガイド料、菓子珈琲代、アウトドア保険、移動費込)
飲酒は各自ご負担ください。
■※途中参加できます。(1Day 2万円

10460178_10153070386897029_7474391751346290520_n.jpgまずは、『源流の森』を体感してみてください。

私は何度ここを訪れても、まるで異次元にタイムスリップしたかのような感覚になる。奥へ奥へ進み、空間の中に包み込まれ、森羅万象という世界があるならばこういうことを指すのかなと。日本特有の植生の豊かさ、土壌の豊潤さがあり艶やっぽく、荒々しさと静寂が混在する。
去年の吉野川源流への旅は、土砂降りだった。
アウトドアにでて雨だったら、「うわ・・雨かあ。。。」と正直テンションが下がる。でも振り返ってみると、最高に”森”を感じた時って、大雨のときだったりするえいっ!と水にズブッと入る最初の一歩は勇気がいるが、強烈な思い出となる。水の音しか聞こえない。視界も見えにくい。そんな中での、一瞬の晴れ間(左写真)。みんなと一緒にいるのに、どこか1人で歩いているような孤高感。アドベンチャー。何がおこるのか分からなくて、ワクワクする。

今年は初めての「山の日」を記念し、高知県にある、2つの”源流”に行く。
毎年荒々しく自然の姿に返ろうとしている吉野川源流 。
日本一の水質を誇る仁淀川、その更に奥へ上流へと仁淀川源流。
そしてその源流域を歩きまわる!
特別な技術はいらない。好奇心と健康な身体、長時間歩き続けられること。
そして少しのガッツと、新しいことへの挑戦!あと、気楽さ。
アウトドアが好きな人は、ぜひ!!お待ちしていまーす!

【お申し込み・問い合わせ】
FB: フェイスブック 巣山太一 まで
Email: makeasekaichizu@gmail.com たけおまで

下記の内容をメールください。
件名:2016吉野川源流ツアー
1、お名前・ふりがな
2、メールアドレス
3、電話番号
4、お住まいの県 & 予定の交通手段 
5、備考 分からないこと、気軽にご質問ください! (メール or 電話 希望)
詳細をこちらから、メールさせて頂きます。



ー2015年のお客様からの感想ー

・・・帰ってきてお風呂に入ると、足がアザと傷でいっぱい( ̄▽ ̄)笑
楽しすぎて全く気付きませんでした!笑11709605_10153070386937029_4597541947560986881_n.jpg
今回のツアーでは文章では書ききれないほど、発見がありました。
源流の道のりも刺激的すぎ(いい意味で笑)て、出会った人もステキすぎて、まだ興奮してます!笑
余韻だけでまだ楽しめそう。また参加します!

●今回のツアー集合した
ひろめ市場で見た光景本当に
山に登る前…って笑えました(女性陣で集合に既に飲んでましたw)
霧の後晴れた瓶ヶ森、雨の源流
気持ちよくて楽しかった!
参加して良かった皆さんありがとう

●みんなみんな、むちゃくちゃいい人で、むちゃくちゃ楽しかったー!
最初からツボに入る人もいたし、どんどんいいアジが出てくる人もいて笑 
優しさのかたまり。ほんどアドベンチャー。何が起こるか分からなくて!
朝起きたら、筋肉痛&アザいっぱいっでした!

●雨と共に森にしみ込んで、岩をつたって山を下り、大きな流れを見送りました。
雨が降り続いていても濁らない、この水の清らかさ。森が豊かな証です。11215705_870286856384459_3486655997110434758_n.jpg
雨だったからこそ、いつもより深く感じとることができたのか。つまりは
雨の源流域もまた格別だということです。
送り出してくれた人、迎えてくれた人、再会した人、初めて会う人、この森と同じように大事にしたいです。
「旅はどこに行くかより、誰と行くかが大切だ」そんな言葉に心動かされて来てみたけれど・・・同感です。ありがとう。

●見知らぬヒト同志の自然かつ温度のある調和はスバラシイ体験で、消えないキオク
この「吉野川源流ツアー」に参加し、出会ったばかりのバラバラの年代の人たちがお互いを思いつつ、自分もしっかり管理し、自然に助け合いながら倒木を越え、崖や岩を登っていく姿を見て、まさしくコレだ!と、もちろん帰ってきてすぐに社長に提案。社員研修として具体的に考えていけたらと思っています

<過去の吉野川源流の写真アルバム>
「2013の写真」こちら→photos2013
「2014の写真」はこちら→photos2014
「2015の写真」はこちら→写真2015

<過去の吉野川源流レポート・ブログ>
「2013レポート」はこちら→レポート2013
「2013ブログ」はこちら→ブログ2013
「2014ブログ」はこちら→ブログ2014
「2015ブログ」はこちら→ブログ2015


5316_596415443813326_6336306216653281704_n.jpg