親子で森歩き in 東京都檜原村

2013年10月

 

東京・奥多摩の名峰 三頭山(みとうさん)に、行ってきました。

前日までの雨で、森はいっそうみずみずしく、緑にあふれていました。

東京都民の森から続く、三頭山山頂への道のりは、少々険しくワイルドですが、ぼくらの冒険にぴったりでした。

始めは緊張してお父さんお母さんと手をつないでいましたが、冒険が始まると子どもたちは眼を輝かせて先を急いでいました。

 

フォトアルバム

キノコを見つけたり、クワガタを捕まえたりしました。

三頭山の山頂は遠かったけど、みんながんばって歩きました!

小さなお子さんをおんぶして山を歩く、たくましいお父さんお母さん。

子どもたちも、時々は泣きごとも言いましたが、最後までよくがんばりました。

少々遅めのランチは、自分の好きなおかずを入れて作るサンドイッチ!お腹がペコペコで、とにかく美味しい!

大人がコーヒーを飲んで「よく歩いて、疲れたね」なんて言っている間に、子どもたちは元気復活して、再び走りまわっていました。

子どもの元気は底なしでした。

Sample Photo 02
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
Sample Photo 03
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

ご参加者からの感想

親子で森歩き 檜原村~ in Tokyo 2013/10月」をご覧ください

 

お客様の声に記載させていただきました♪

  • Sample Photo 01

    Sample Photo 01あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

  • Sample Photo 02

    Sample Photo 02あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

  • Sample Photo 01

    Sample Photo 01あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

  • Sample Photo 02

    Sample Photo 02あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

子どもたちの元気  奥多摩の原生林

山には、秋の香りが充ちていました。

ブナやクルミの原生林、東京に残された貴重な自然。

いつでもいい、思い出して欲しい。

また森でお会いしましょう!

Copyright (c) makeasekaichizu. All Rights Reserved.