「ちょっとワイルドな、森のクリスマス会」

ロシア料理を作ろう! in 奥多摩

2013年12月8日

第2弾ダッチ会

晩秋の奥多摩、倉沢で、ダッチオーブン・クリスマス会を開催しました。

水道も設備も何もない、ワイルドな沢でロシア料理をつくりました。

葉を落とした木、紅葉真っ盛りの木、静かな森と沢のせせらぎの音だけがこだましていました。



火を熾す

奥多摩の倉沢林道をさかのぼる。

急な斜面を下って、少しひろくなった河原。

協力して薪(たきぎ)を集めて、火を熾します。

料理の熱源は、すべてこの焚き火です。

人気のない山中に、パチパチ、モクモクと薪のはぜる音と煙だけが立ち昇っていくのでした。

熾た火で、お湯を沸かし、ウェルカムドリンクのチャイを淹れました。

ワイルドな沢でロシア料理

いよいよ野外料理の開始です。

「東京の山奥で、ロシア料理を食べる」、それを聞いただけで燃え上がりました笑

伐採体験が終わり、キャンプ地に移動。

水道も設備も何もないところで、野菜をきざみ、パン生地を練って、たき火の温度を調整して。

サラダ、ピロシキ、ボルシチ、・・・。次々と料理が出来上がっていきます。

ウォッカと焚き火で体を温めながら、おしゃべりも盛り上がります。

ギターの調べが、晩秋の森によく似合います。

本格ロシア料理

さあ、山奥で作った本格ロシア料理の数々をご覧ください!

ダッチオーブン会アルバム  クリックすると拡大してご覧いただけます。

Copyright (c) makeasekaichizu. All Rights Reserved.